• Akiko_EpicJapan

板納め

先日AJSGでガイド研修が立山エリアであったのですがそれに引き続き延泊して内蔵助カールからの丸山中央山稜で板納めをしてきましたEpic Japanの中江明子です。 この時期ならではのClimb&Ride楽しいですね。丸山中央山稜は全体的にはぐずぐずとした岩稜歩きなのですが、1ピッチだけスキーを背負ってブーツで登るにはピリッとしたピッチがありました。 この刺激がたまりませんね。 さて今更ながらではありますが板納めのポイント整理です。来シーズンが来る直前でも大して変わらないかもしれませんが慌てないために今が大事ですよ。 まず板はできることならチューンナップに出してマシンにかけてストレージワックスをした状態で保管しましょう♪この時期にうっかり踏んでできてしまった傷のリペアも忘れずに。 ビーコンの電池は抜きましたか?液漏れしちゃうと本体ごと修理になっちゃうと大事です。 シーズンあとちょっとだからと我慢してた不具合はないですか?例えばシールのグルーとか。こういったこともこのタイミングで対応しておくと楽ですよ。 ウェア・ザック・ラジオハーネス(コンテラ等)も洗濯しましょう♪クリーニングに出してもいいし、自分で洗濯するなら汚れのビドイ袖口、襟元、ファスナー周り、たべこぼし染みは洗濯機に入れる前に固形石鹸で手洗いすればすっきりしますよ。何より手にとって目を近づければ破れたところも確認できますね。これも大きくならないうちにリペアテープで修理しましょう。防水透湿系のハードシェルは表示をよく確認してください。大抵はよくすすぐ事と低温のアイロンで仕上げがポイントですね。ちなみに防水透湿機能は洗濯をマメにした方がその機能を発揮できます。シーズン中も洗濯してくださいね。あと汗の匂いや皮脂汚れには酸素系漂白剤が抜群に効きます。動物性のウールやシルクには使えませんが捨てようと思ってたものも復活するかもしれません。 シールは洗ってゴミを取ってよく乾かしたらチートシートを使って理想は冷蔵庫、その余裕がないご家庭は冷暗所に保管しましょう。 最後に持ち物リストを作るか全ての装備の写真を撮ることをオススメします。今は滑りに行くことに慣れていて自然とできるパッキングも半年後には何が必要だったか思い出すのに苦労するものです。特にレスキューセットやファーストエイド、リペアキッド等はどうゆう状況まで対応するつもりでこの内容になったのかというのは結構頭を使います。手慣れた今の時期に整理しておけばシーズンインで悩まなくてもいいですね。 満足いくシーズンだった人もそうでもなかった人もまだシーズンの終わらない人も半年後のパウダーを夢見てグリーンシーズンを楽しんでください! 私はもっぱらクライミングに精を出すとします★


核心ピッチをオブザベする寺田G

フォローで気軽に登らせてもらいました。


たった1ピッチではありましたが登攀完了!

#tips #endofseason #climbandride #ヒント #シーズン終了 #クライムアンドライド #epicjapan

copyright © Association of Japanese Ski Guides All Rights Reserved